ネット副業詐欺に要注意!詐欺の見分け方は?

NO IMAGE

時間や場所を問わずパソコンさえあればできるため人気のネット副業。
しかし、詐欺が蔓延しているのも事実です。皆さんも一度は目にしたことがあると思いますが、「スマホで〇〇するだけで月××万円!」とか、「1日△分の副業で収入倍増!」とかの広告。一見おいしそうに見える内容ですが、世の中簡単に稼げる副業など存在しません。もし存在していたら今頃世界中億万長者だらけになっているでしょう。

まずはそういった気持ちを持つことがネット副業詐欺に遭わないための第一歩です。
しかし、そうはいっても詐欺師たちは巧妙に人々を信じ込ませようとします。
そこで、広告を見てそのサービスを通してネット副業を始めようと思ったら、取りあえず広告に載っているサービスや会社の名前を検索してみましょう。
怪しい広告なら、「〇〇のサイトは詐欺!」などといった事柄がヒットするはずです。

特定商取引法に基づく記載があるかどうか確かめるのも大切です。
ネット副業詐欺の定番は巧みに誘導したうえで情報商材を売りつけて返金に応じない、という手口ですが、きちんとしたネットショップなら必ず特商法に基づく記載があります。この記載がない店は、返品したいと思っても連絡先や住所が不明なため返品できません。
こういった点に気を付けて、安全にインターネットを利用するようにしましょう。

ネット副業を行う際には詐欺に合わない注意が必要

最近では副業を認める会社も増えていますし、ネット活用で副業を行えるようになった事もあり、多くの人がネット副業に取り組まれています。

しかしネット副業を行う際には、詐欺に合わないように、また自分が詐欺まがいのマルチ商法等に、手を貸す結果にならないように注意する事が大切です。

手軽で安心なネット副業としては、クラウドソーシングで仕事を確保して行うのが定番です。しかしクラウドソーシングでは、プロジェクトと言われる仕事を獲得するには、多くの人と競い合うため、実績がないと中々仕事を得られないデメリットがあります。

またタスク作業で短文のライティングの仕事をする場合には、クラウドソーシング会社がシステム料を取ることもあり、単価が安いと言うデメリットがあります。

同じ副業をするなら、もっと効率良く稼ぎたいと考えるのが、人情です。この人情につけ込んで、悪質な詐欺行為がネット副業の世界にも存在します。

その代表が、事前に教材を購入し、それをマスターすれば高額の仕事を提供するというタイプの詐欺です。大した内容でもない教材を高く売りつけ、結局仕事は紹介してもらえないと言う詐欺です。

またネットの世界では雨後の筍の様に、幾度となく出現するのがマルチまがい商法です。典型的なタイプから、色々とアレンジしているものの、ごく少数の人が儲かり、多くの人が損をするという詐欺まがいの行為です。

仮に運良く自分は稼げても、これは結局多くの人をだます事に加担している事になるので、こうした副業にも手を染めない事が大切です。
サラリーマンや家庭の主婦がネット副業するなら、先に記載した様な少し安い単価の仕事でも、安全な仕事をコツコツやる方がベターと言えるでしょう。